NANIWAYA/ナニワヤ 横止めシートレール ご選択の目安

車種によりシートレールの設定が異なります。
はじめにトップページ(下記画面)の「横止めシートレール適合表一覧」をクリックして下さい。

それぞれの車種に、表中に価格記載があるシートレールが設定されております。
※設定があるものは価格を、設定がないものは「-」で表示しています。
・カーメーカーの選択は最上部のバナーをクリックして下さい。
・各シートレールの詳細は「製品詳細はこちら」もしくは製品画像をクリックして下さい。
・車種の検索はページスクロールで行ないます。

ここではAE86の運転席にシート取付幅※が395ミリ以内のバケットシートを装着する場合を例にあげ、シートレール選択の目安をご説明致します。

※シート取付幅とは・・

シートの横幅をサイドステー装着面で計測した数値で、右写真のようにシート底面で測ると良いでしょう。

当店が販売する各シートの取付幅
についてはそれぞれ商品ページに
明記致しております。

AE86は「一体型スーパーダウン/HD」以外、全てのシートレールに設定があり
シートレールのご選択には価格、ポジションダウン量、剛性などがポイントとしてあげられます。


価格で選びますとコストダウンを最重視し各パーツを選定した「セパレート型スーパーダウン」が
¥9,800-と最安値になりますが、低コストの横方向可動スライドレバーを採用しているため、
一部車種は前後スライド位置によりトランクオープナー等に干渉する場合がある事や、2本のスライドレールが
セパレート構造であるのに対して、スライドロックがシングルのため片側のレールがフリーとなり
急加速・急ブレーキの際に、わずかなガタつきを感じる場合があるといった言わばデメリットもございます。
ポジションも大幅に下がり、スタッドボルトをサイドステー1枚あたり2本セットする事で強度も確保していますので
ストリートでのご使用にあたり、安全性についての心配はございませんが、サーキット等でスポーツ走行をされる方には
あまりオススメできません。「安価でポジションダウンできれば、細かな事は気にしない。」という方にオススメのレールです。
※「セパレート型スーパーダウン」はシート取付幅が395ミリを超えるシートは装着できません。

また、「大幅にポジションを下げたいが、セパレート構造は剛性が心配で・・。」とお考えの方には「一体型スーパーダウン」がオススメです。
「一体型スーパーダウン」は2本のスライドレール下部をツインプレートで結んでいるため、
セパレート構造に比べ高い剛性が得られる分、細幅のスライドレールが使用可能で、
一部車種用を除き、多くの設定車種でシート取付幅が400ミリを超えるシートでも装着できます。
※取付幅上限は「横止めシートレール適合表一覧」の各車種ごとにその数値を明記致しております。

「一体型スーパーダウン/HD」について
一体型スーパーダウンには、スライドレールを縦置きにし、シートを落とし込むスペースを最大限確保した
「HDタイプ」の設定もございますが、こちらはロードスターやビート、コペンなど車内スペースが非常にタイトな
車種用であり、AE86のようにスペースがそこまでタイトではない車種については設定致しておりません。
「HDタイプ」のほうがダウン量が多い訳ではありませんので、言い換えますと設定の必要がないという事です。
反対に「HDタイプ」が設定されている車種については、スライドレールが横置きの「一体型スーパーダウン」では
シートを落とし込むスペースが確保できないため、「HDタイプ」のみの設定となっております。
※「HDタイプ」はシート取付幅が395ミリを超えるシートは装着不可、スライドレバーは「一体型スーパーダウン」・「HDタイプ」ともに縦方向可動です。

「一体型スーパーダウン/Version .S」について
リベット固定方式(ベースとなるフレームとスライドレールをリベットで固定することで、溶接箇所を極少量の点付けにとどめることが可能)を採用し、
スライドが渋くなる要因としてあげられる「溶接熱によるスライドレールの開きやひずみ」を極限まで軽減、
落とし込みタイプのシートレールにおいて、非常にスムーズなシートスライドを実現したタイプが「Version .S」です。
シート後方をより低くセットできるよう、後ろ側のプレートを無くした分の強度を補填するために、
4ミリ厚・ヘビーデューティータイプのサイドステーを採用していますので、剛性に対する心配はありません。
ラリーやダートラ、ジムカーナなど、よりハードな状況での使用にも充分耐えうる構造となっています。
「Version .S」は、そのスライド機構にもさらなる工夫を施しています。
スライドレバーは「一体型スーパーダウン」や「HDタイプ」と同様に縦方向可動となっておりますが、
ダブルロックを採用した落とし込みタイプのシートレールでは唯一、純正シートレールでのスライド操作と同じように、
片方の手でステアリングを、また片方の手でスライドレバーを握りながら前後のスライドができるよう設計致しました。
※シートレール前方にスペースが確保できる車種は、より純正シートレールに近い「スタンダードタイプ」のスライドレバー形状になります。
各部パーツおよび製造工程に、より手間ひまをかけて製作致しております分、少々コストが上がりますが、
よりスムーズに、より違和感無くスーパーローポジションを楽しみたい方は、こちらの「Version .S」をご選択いただくと良いでしょう。
※「Version .S」はRECARO SP-GNを除き、シート取付幅が395ミリを超えるシートは装着できません。

「一体型スーパーダウン/CIRCUIT」について
CIRCUIT(サーキット)ユースに絶大なる人気を誇るNA・NBロードスターのユーザーから、
「NA・NBロードスターで、ポジションダウンが可能な落とし込みタイプでダブルロック構造のシートレールは無いですか?」
というお問い合わせを多くいただいたことから生まれたスーパーダウンシートレールです。
ボルト固定方式(ベースとなるフレームとスライドレールをボルトで固定)を採用。「一体型スーパーダウン/Version .S」のご説明でも触れました、
スライドが渋くなる要因としてあげられる「溶接熱によるスライドレールの開きやひずみ」。
サイドステーとスライドレールの固定にもボルト固定方式を採用し、「溶接熱によるスライドレールの開きやひずみ」を完全に排除しています。
サイドステーにはこれまで以上に多彩なポジションセッティングが可能な長穴加工を施し、多くのサイドどめフルバケットに対応しています。
スライドレバーはサイドステー側へ押さえ込むタイプの横方向可動とし、形状を工夫することで可動域を最小に抑えました。
これによりNA・NBロードスターなどのスペースがタイトなお車においても落とし込みタイプのダブルロック構造を実現しています。
さらにはサーキット走行に欠かせない4点式ハーネスが簡単に装着可能なアンカーステーを付属。
強度アップのためアンカーステーには補強板を溶接しています。
今のところラインナップは数車種(NA・NB・NDロードスター、ゴルフ5・6)ですが、ユーザーからのご要望を聞きながら随時追加の予定です。
※「CIRCUIT」はシート取付幅が395ミリを超えるシートは装着できません。

************************************************************************************
落とし込みタイプのシートレールについてのご説明は以上になります。
ここからはスライドレールより上にシートをセットするシートレールについてご説明致します。
************************************************************************************

スライドレールより上にシートをセットするシートレールには「スタンダードタイプ」があり、
「純正シートより上がらなければ、ポジションダウンしなくても良い。」という方や「スライドレバーの操作が
なるべく純正シートに近いタイプが良い。」という方はこちらをご選択下さい。
「スタンダードタイプ」には独立形状のサイドステーが4枚付属した「A」と、前後一体形状のサイドステーが
2枚付属した「B」・「S」の3種類があります。シートの前後で大きく取付幅が異なるバケットシート
(前後で30〜40ミリの差がある)には「A」がオススメですが、ほとんどのフルバケットシートは取付幅に
それほどの差はなく、前後一体形状のサイドステー付属で、さらなる剛性アップが望める「B」・「S」が
「スタンダードタイプ」をご購入いただくお客様の約90%を占める人気を頂戴致しております。
※「スタンダードタイプ」は「A」・「B」・「S」ともにシート取付幅が395ミリを超えるシートも装着可能です。

サイドステー以下のベースとなるレールは「A」・「B」が同じものになり、「S」は(1ポジション)設定の車種を除き、
サイドステーでの高さ調整とは別に、ベースとなるレール自体での高さ調整も可能な構造になっています。
※「S」のポジション設定については「横止めシートレール適合表一覧」の各車種ごとに明記致しております。

「一体型スーパーダウン/Version .S」や「CIRCUIT」のご説明でも触れましたが、スライドが渋くなる要因としてあげられる
「溶接熱によるスライドレールの開きやひずみ」を防ぐために、「スタンダードタイプ/S」のベースとなるレールの
(1ポジション)設定についてはリベット固定方式を、 レール自体での高さ調整が可能なものについては、
スライドレール部分に溶接は一切使用せずにボルトで固定する方式を採用しています。



「スタンダードタイプ」に上図のような赤文字の価格記載がある車種については、
セパレート型や一体型に比べダウン量は少なめですが、スーパーローポジションタイプを設定致しております。
「ある程度ポジションダウンして、スライドレバーの操作がなるべく純正シートに近いタイプが良い。」
とお考えの方はコチラをご選択いただくと良いでしょう。
「A」・「B」は一部車種を除き、最大でおよそ30〜40ミリのポジションダウンとお考え下さい。
「S」のダウン量については、各車種ごとに明記の数値となります。
※「A」・「B」で30〜40ミリダウンしない車種については、各車種ごとにダウン量を明記致しております。

最後にシートレールの前後スライド量についてご説明致します。
当社のシートレールに限らず、ほぼ全ての社外品シートレールにおいて言えることですが、シートレールに使用している
スライドレール自体のスライド量が、純正に比べ減少する車種があり、その場合は前側へのスライド量が30ミリ程度少なくなります。
純正シートで例えますとスライド最前位置から2ノッチほど後ろにした位置がシート(シートレール)交換後の最前位置となります。
したがいまして女性の方や身長の低い方など、スライド量の減少がペダルワークに支障をきたすことが予想されます場合は、
「スタンダードタイプ/B (ベーシックポジション推奨)」のオフセットサイドステー仕様をご選択下さい。
標準付属のサイドステーで装着する位置より、40ミリ前方へオフセットさせて装着することができます。

車種によりポジションダウン量はもとより車内スペースに違いがございますので、ご不明な点がございましたら、装着予定のシート名および
車種・車両型式をお書き添えのうえ、お気軽にお問い合わせ下さい。もちろんお電話でのお問い合わせも受け賜りますのでお気軽にどうぞ!


お問い合わせフォームはコチラ
tel : 072-726-0516